入国管理業務を主とする行政書士が、在留資格認定・ビザの変更・更新・永住許可、帰化申請を徹底サポート。名古屋市の北浦行政書士事務所。

名古屋市千種区千種1‐18‐14 第2セツダビル21号

受付時間:9:00~20:00日曜日を除く)※予約いただければ時間外・休日対応可

お気軽にお問合せください

052-364-9273

在留資格認定証明書(海外から呼び寄せ)

在留資格認定証明書交付申請
(海外から日本に招聘する手続き)

 

こちらでは在留資格認定証明書の交付申請について説明いたします。

在留資格認定証明書の申請とは日本にて長期のビザを取りたい人の事前審査的な意味合いがあり「この人は日本での在留資格がある」と地方入管局が証明してくれるものです。

もちろん証明書が交付されても、海外の日本領事館、入国時の空港でも審査があるため必ず入国できるわけではないですが、海外の人を長期間日本に呼ぶ場合一番大きなハードルであるといえます。手続きの流れとしては

 

①取得する在留資格を確定する

(例えば支店の代表者であれば経営者のビザと雇用者のビザ両方が考えられる。また結婚ビザと就労ビザなども双方に取得可能性がある場合などは、ご相談のうえ今後の生活に最も適した資格を取るようにお話を聞かせていただきます)

                     ↓

②書類収集作成

(各種公的書類の収集、申請書類・理由書・事業計画書の作成等)

                     ↓

③住所として予定される地方入管局での申請

(当事務所にご依頼の場合、申請の手続きを代わりに行うことが可能です

                     ↓

④結果の受領

(場合によって追加偉書類を求められたり、申請人の出頭を求められる場合があります。

また、不交付の場合は理由の確認の上で今後どのようにすればよいのかを提案させていただきます)

                     ↓

⑤証明書を本国に送付して、現地領事館で査証発給の手続き。無事に査証が下りたら入国

 

サービスの対象者

例:本場の調理師を呼びたい。海外のスタッフを雇いたい

  国際結婚をして配偶者と一緒に住みたい(相手はまだ海外にいる場合)

  現在、永住・就労ビザ・留学ビザだが結婚相手や子供を呼びたい

  前婚時の子供を呼びたい(いわゆる連れ子)  等

 

弊社サービスの流れ

お問合せからサービス提供開始までの流れをご説明いたします。

お問合せ

平日は時間がないという方も安心です。

平日はお仕事で忙しいという方のために、土日もご相談を受け付けております。

面談

お客さまとの対話を重視しています。

お客さまとの対話を重視することがモットーです。お客さまのお話にじっくりと耳を傾け、時間をかけて丁寧にヒアリングいたします。

ご契約

フォロー体制も充実しております。

弊社では、お客さまにご納得いただけないままお手続きを進めるようなことは一切ございません。一つでもご不明点がございましたら、お気軽にお申し付けください。

お問合せはこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

052-364-9273

受付時間:9:00~20:00(日曜日を除く)
※予約いただければ時間外・休日対応可